« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月26日 (金)

フィギュア女子フリー


前回の柴又日記超大作で、もうしばらくブログ書かなくてもいいんじゃないかと思ってしまっていた佐藤良洋です。


女子フィギュアスケート。

グッとくるものがありましたね!

自分的に始まる前、ここは〜?

もしかして〜?

実は〜?

安藤美姫が金取るんじゃないか〜?と予想してまして。


しかしキムヨナ凄かった。


自分から見るフィギュアスケートとはタイムで競うとか順位で競うとか得点で競うなどハッキリとわかるスポーツとは違い、4年間頑張ってきた成果をその時の一回評価で審査員の判定(?!)で決める、なんて…なんて恐ろしいスポーツなんだと思っております(笑)。


国の期待も背負って…。


だからフィギュアスケートとかは見てて難しいです。

こっちの選手の方が良かったように見えたけど、何であっちの選手の方が良い点数出してるんだ?

とかしょっちゅうです。


点数の基準となる回転で大きな失敗をしなければいいなとかはドキドキして見ますけど、どれも何回転してるか解らないので基本的に気持ちよく滑って、いい表現してるなとか、曲と芝居のタイミングが合ってるかとかを見ています(解らないなりに)。

だから回転ジャンプ前の助走の所は確実に芝居が切れてるので…チョッと気になります…。

あそこも表現入れたら得点UPとかにならないのかな?関係ないの?
良くわからん。


そんなフィギュアスケートを見て思った事。

やはりどんなスポーツでも役者でも、結果を残す良いプレイヤーは本番で「どこかで自信を持つ」と言う事が大事な要素の一つなんだなと。

あくまでも大事な要素の一つですよ?

10日後には考えが変わって「そんなのは邪魔なだけだ」とか言ってるかもしれませんが(笑)


役者で言うと「いつもは噛まない所で噛んだ」ってのを今回浅田真央ちゃんがやってしまいましたね…。

最初のJUMP(トリプルアクセル?)や後半の芝居は凄く良かったと思ったんですが…途中噛んでしまいましたね…。


1ヶ月稽古をして一回だけの一発本番のTV放送舞台はしたことありますが、それが四年間稽古して世界中で見られてて、そんな時に信じられないミス。で、金か銀と決まるって…ん〜…恐ろしい…。


安藤美姫選手かなり良かったと思ったんだけど(銅メダルのカナダ選手より良かったと思った)、結果5位。


でも今回はこの金〜銅までこの選手達がベストじゃないかと。


キムヨナ選手は金以外だったら国からどんな扱いにされるか解らないぐらいだったし(苦笑)、銅メダルの地元カナダの選手はお母さんを直前に亡くしたと言う事ですし。


まぁメダルを取りたい気持ちはみんな同じですが。


浅田真央選手この悔しい気持ちからどれくらい成長するのか楽しみですね。

浅田真央選手のお姉ちゃん(舞選手)も妹に負けないよう次は姉妹揃ってオリンピックに出て欲しい。


今日は以前、撮影に演出助で行った映画の試写会に柴崎にある東映ラボ・テックに行ってきました。

アフレコとかも行ってるので大抵見てる映像でしたが、改めて見てて色々と現場の時を思い出したりとかして楽しかったです!作品も面白かった!

芝居の勉強にもなりました。

フィギュア女子フリー

写真は全く今までの話とは関係無いですが、東京の真ん中で二匹のカエルが道路でウロチョロしてたのを危ないから安全な所に移動してる所です。

一匹は凄く冷たくなっていて弱っていて可哀想でした。

しかし何でこんな所にこんな大きなカエルが居るんだろう。

実は東京の都心であちこちでたまに見るんだよな。


決まって道路の真ん中にいる。

不思議だ。


あ。気付いたら今日で30歳最後の日だ(笑)。

31歳と言う事で、俺も歳がトリプルなだけにアクセル全快で行くぞ!と話を強引にフィギアスケートにかけて終わらせてみる(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

男はつらいよ〜寅次郎よ永遠に

<ここからは「男はつらいよ」から車 寅次郎でお読み下さい>

男はつらいよ〜寅次郎よ永遠に①


お。労働者諸君!相変わらず馬鹿か?


ハハハ!そうかそうか。


そりゃ結構。


ケッコー毛だらけ猫灰だらけ、お尻の周りはクソだらけってねぇ(笑)


…いやぁね?

俺はどっちでも良かったんだけどねぇ?東京は葛飾柴又に車寅次郎ってゆう四角い顔の奴の記念館があるらしくてね?


それがもう、サイコロみたく四角い顔の奴で笑っちゃうんだよな(笑)


でだ、なんだか新しい催し物が増えたって騒いでるもんだから、まぁ、しょうがねぇなぁ〜っ…てな感じでな?風の向くまま気の向くままにブラっと行ってみたわけよ。うん。


でもほら、俺は、学が無いから。


博物館とか記念館みたいな所はど〜も苦手でね。


こう、背中が痒くなっちゃう(笑)


だからまずは江戸川に行ってみたわけよ。


ビックリしたねぇ俺は。


立派なお車さん達がズラーと並んでてな、労働者諸君が玉投げしてる場所よりもお車さんが止まってる広さの方が広いんだよ。


同じ車でもわたくしとは扱いが大違い(笑)


いや、でも江戸川はやっぱりいいねぇ。


お約束のオープニングだからね。


ほら、今にも演者さん達の名前がドーンって出てきそうでさ。


俺ったら、間違えてその文字を手でつかもうとしちゃったりして(笑)。


さくら「あははは、やだぁお兄ちゃん、ホントにそんな事してたの?笑」

男はつらいよ〜寅次郎よ永遠に①

博「あははは、相変わらずだなぁ兄さんは」


おいちゃん「おまえ最近流行りの飛び出す映像ってやらに影響されすぎたんじゃないのか?」


寅「お。なんだい、おいちゃんその飛び出すなんちゃらってのは?俺はその「なんちゃら」に影響されて16の時に家を飛び出したって、そう言いてえのか?」


博「違うんですよ、兄さん」


さくら「で?お兄ちゃん、その寅さん記念館には結局行ったの?」


おぉ。そうだったそうだった(笑)。


でな?入ってみたらこれが角は一流デパート赤木屋黒木屋白木屋さんで紅白粉つけたお姐ちゃんに下さい頂戴で頂きますと五百が六百下らない品物がズラリと並んでて…いや、あれは紅白粉つけたお姐ちゃんはいらないか…。


あら?つい、いつもの商売癖が出ちゃったよ(笑)


おいちゃん「ハァ…おまえは本当馬鹿だねぇ…」


寅「…」


博「で?兄さん。中には何があったんです?」


ゴホン。

男はつらいよ〜寅次郎よ永遠に①

…でだ、俺みたいな学の無い人間でも入れさせてくれる優しい記念館だ。


見に来る人達はみんな貧乏人の集まりなわけだよ。


みんな硝子越しに物欲しそうにヨダレ垂らして見てるだけなんだから。


さくら「お兄ちゃん、記念館ってそうゆう所なのよ?」


そんな建物の中にまた家があってな!


ビックリしたね〜俺は。


家の中に家があるんだよ!


あれは最初間違えて大きく作りすぎたから中にまた作ったんだろうな。きっと。


でだ。もっとビックリしたのが、その中にある家がこのケチな団子屋[くるまや]にそっくりじゃねぇか!


笑っちゃったね〜俺は(笑)


そしたらその[偽くるまや]にどうやら入りたそうに玄関でウロチョロしてる青年がいてな。


それが…どこかで見たような風景でな、思い出せないから旅先でもらったバカチョンカメラで写真に撮っておいたのよ。


それがこれなんだがな?…さくら、どこかで見た事ないか?

男はつらいよ〜寅次郎よ永遠に①

さくら・博・おいちゃん「…」


むさ苦しいヒゲと太いモミアゲの青年でな。


そいつは俺と同じ雪駄をはいていたからなのか、馬があってな。意気投合してそれから一緒に見て回ったってわけよ。


ほら。このモミアゲ青年がくつろいでる場所もこことソックリだろ?

男はつらいよ〜寅次郎よ永遠に①

おばちゃん「あら。本当。不思議ねぇ」


そしたら青年は新しい催し物の人形劇みたいなのを見て泣いてたよ。


さくら「あら?どうして?」


寅次郎「ったく…何もわかっちゃい無いんだから。
いいかい?君たちみたいに朝起きて、ご飯があり、みんながいて、『おはよう』『行ってらっしゃい』と言ってくれるのが当たり前じゃない一人ぼっちの可哀想な青年達がこの日本にはたくさんいるんだよ?きっと…そうゆう…なんだ。普通に…挨拶をだな。挨拶を…。…朝の始まりは挨拶から…じゃなくて…」


博「ですから兄さんの言いたい事は、そうゆう些細な当たり前の日常にこそ幸せがある…って言うのかな。人は一人じゃ生きていけない。そう言いたいんですよね?」


寅次郎「そうよ!その通りよ!いや、しかしその青年。泣いてたと思ったら興奮したり笑顔になったりと変わった奴だったなぁ。」


おばちゃん「変わった子だねぇ。何かつらい事でもあったのかねぇ?」


寅次郎「だから、なんかあったんなら東京は葛飾柴又に[くるまや]と言うケチな団子屋があるからそこを訪ねるといい…そう言ってあげたよ。だからこの青年が来た時は宜しく頼むぜ?」


おばちゃん「もちろんだよ、ね?さくらちゃん?」


さくら「えぇ。そうね」


博「あれ?そのもう1つの写真はなんですか?」


寅次郎「え?どれ?」


博「それですよ、それ。兄さんの袖の中に」


寅次郎「え?どこ?」


おばちゃん「あら。落ちた」


さくら「これ?」


寅次郎「あ!チョッと待った!」


博「あれ?!この青年の後ろに写ってるの…リリーさんじゃないですか?(浅丘ルリ子)あ!この人は大阪の芸者さんの確か…フミさんだ!(松坂慶子)」

寅次郎「…」


さくら「あ!この下の人は前にお兄ちゃんに恋文を送った、ほら、陶芸の加納作次郎さんの、かがりさんじゃない?(いしだあゆみ)あら?奈々子もいる!(木の実ナナ)」


おばちゃん「あ〜、さくらの同級生の子だね」

おいちゃん「寅、おまえなんでこんな写真を隠してたんだ?」

(寅次郎鞄を持ち出ていこうとする)

さくら「お兄ちゃん!どこ行くの!?」


博「兄さん!」


寅次郎「さくら、止めるな」


さくら「何も昔好きだった人達の写真を隠して持ってたっていいじゃない」


おばちゃん「そうだよ?寅」


寅次郎「しょせん俺は恋に破れた未練たらしい旅烏よ…」


さくら「もうちょっとゆっくりしていってもいいじゃない。お兄ちゃんの晩ご飯もあるのよ?」


寅次郎「あのサンダル青年が駅で待ってるのよ」


さくら「ならそのサンダルさんも一緒に、ね?」


寅次郎「あいつも俺も同じ旅烏よ。さくら、達者でな。

お。風が出てきやがったな(襟を直し出ていく)。」


さくら「お兄ちゃーん」


「男はつらいよ〜寅次郎よ永遠に編」完

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

300記事


記念すべき300記事です!


何か今日は平成22年2月22日と言う事で2が集まる日という。


その2回にちなんでこの前は久し振りに一日に2回舞台を観ました。


…まぁ、関係無いか…(笑)


その一つがこの世界に入って一番尊敬していて一番お世話になっている自分の親父分「菅田俊」さんの舞台を観に行きました。


菅田さんは昔からあまり親父と思われたくないみたいで、兄貴か友達の方がいいみたいです(笑)


そんな菅田さんの出てる舞台。


宇梶剛士さん率いる劇団パトスパック「クリフパーティー 絶壁で集おう」

宇梶さんとも菅田さんの繋がりで知り合い、昔から良く可愛がってもらっております。


21日で舞台は終わってしまいましたが、面白かったです!


菅田さんの芝居が最高でした!


そして最高に刺激を受け、とても勉強になりました。


会場内で笑っていたのは自分だけでしたが(内容的に暗いので)

実は行く前に菅田さんから「サトちゃん、笑って盛り上げてくれよ?笑」と言われてましたが、普通に自分は笑ってました(笑)


終わったら宇梶さんを初め、知ってる役者さんが多かったので自分が笑っていたのを楽屋のモニターで聞いていたらしく「すげぇ笑い声が聞こえたよ」と皆さんから言われました。

300記事

写真はそんな菅田さんとの一枚。


その後は野良犬弾の吉見麻美の出てる舞台を観に行く。


吉見麻美の芝居を自分が出てない舞台で観たのは初めてと気付く。


なぜか一人一番前の席だったので「一人で寂しいなぁ〜」と最初思ってたんですが、病院の話だったので「病院と言えばナース服…ナース服と言えばぁ…ミニスカートォ〜?それで一番前〜はい。ラッキー♪」。


と思ったんですが、高校の時に見てたエッチな本みたく、いい所でチャンと見えないように出来てました。いや、見えないよう芝居してました。笑


劇団PU‐PU‐JUICE「パニ☆ホス」


POPな内容で解りやすく、パトスパックさんとは全く違うジャンルでしたが、それが逆に良かった。


主演の加賀美早紀さんは昔一緒に仕事をしてたり花見で一緒だったりしてたので(宇梶さんの花見)声をかけようと思いましたが、忙しそうだったのでやめておきました。


オープニングで映像を流す所がトラブルで出なかったようだ。


自分はすぐにわかったので、暗転中、一番前から一番後ろのブースを見たら案の定バタバタしてた(笑)


「もう逆に流さない方がいいぞ〜」とか思いつつ。

300記事

写真二枚目は行く前に崔さんとマックでハワイアンバーガーを食べてる所。


やっぱりバーガーキングの方が旨い!笑


しかし、一日に2回舞台を見るのはさすがに少し疲れる。


話はガラリと変わって…


カーリング女子のドイツ代表の中にサッカードイツ代表GKカーンがいた!(注:そっくりさん)


やっぱり熱く叫んでた。


あの顔はドイツでは良くいる顔みたいだな。


次の301記事は「二回目の葛飾柴又へ」の予定(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

大ハプニング〜パンク蕎麦編〜


いや〜、とうとう野良犬弾で伝説が生まれましたよ(笑)

かなりこの話を引っ張ってしまってスイマセン(笑)


何と!


初日の舞台のラストシーン。


長曽我部のメンバーで蕎麦を復活させて自分が蕎麦を畳んでいる所。


いわゆるクライマックス!


そんなときに!!


バン!!


と、音がなり…劇場全てが…


停電になりました!笑


ドリフか!?笑


本当に真っ暗です(笑)


最初、こっちは停電というのはすぐわかったんですが、すぐに復活するだろうと思い「停電だ!」と言わなかったんです(クライマックスなだけに話が違う方に行きそうなので)。


そしたらなかなか電気が付かない!


沈黙にするのも変だし(この時約6秒)、余計な間が空いたから今さら「停電だ!」とも言えない(汗)。


客席からもザワザワ聞こえないのでまだ停電とは気付かれていない!?


芝居をして復活するまで持たせなければ!


そこで発した台詞が…


「停電…か?」と(笑)


反応遅っ!笑


そしたらすぐに電気が付き、お!?直ったか?と思ったらまた直ぐに電気が落ちた!


この間でも「間」を埋めようと何かセリフを言っていたが何を言ってたかは思い出せない(笑)


それから2〜3回付いたり消えたりして、「くっそー!最後だからか!? 最後だからこんな障害をパンクの神様は与えるのか?!」「これじゃあ蕎麦が切れねえ!」みたいな事を言いながら真っ暗な中、楽屋に走って行きました(楽屋のエアコンとかを消したら復活すると思ったので)。


しかし不思議なもんで、暗転で舞台からハケる時は蓄光を頼りにゆっくり歩かないと今までハケれなかったのが…


暗闇の中で俺、走ってましたからね(笑)隣に居るであろう高原さんもかわして(笑)


役的に「スタッフ!停電だぞ!」と言いたかったが(舞台はライヴハウスの控え室設定)、お客様がそれを劇場のスタッフと間違えてとらえてしまうのを恐れ言わなかったり、普段使わない頭をフルに回転させてました(笑)


しかし、楽屋も停電で切れているのでエアコンが元々付いていたのかどうかも解らない(笑)


そうなると…


開演前に受付で千葉さんにペンライトを渡していたのを思いだし、受付に走り、小さな声で「ライト!ペンライト!」と言ったら千葉さんがすぐに渡してくれて(客席にもしかしたら聞こえてたかもしれませんが 笑)「ライトあったぁ!」とペンライトを付けて舞台上に戻り…


心細いペンライト一つで蕎麦を切り終わるまで芝居を続けました!笑


お〜!アングラだぜ〜!笑


昔やってたアングラ芝居を思い出し、ライトをセリフの言う役者の顔に向けたり、チョッと自分も入れたり、最後蕎麦にライトを当てて指でフェイドアウトしたりして自分でやってて勝手に楽しんでました!笑


「オラァ!何とか芝居で回したぞ!」って感じで終わり(笑)


後から聞いたらペンライトの芝居の途中で照明は復活してたらしいんですが、そのまま明かりをつけないで芝居を続けさせた照明の赤田さんの気転はさすがです!笑


そして舞台からはけたら興奮した神代宏人が「佐藤さん!ペンライト貸して下さい!」と。


どうやらこのハプニングに興奮し、アドリブで残りのシーンを上手く回す気満々だったらしい(笑)


そしたらパチッと普通に電気と音楽が流れ(笑)


無事にそのまま舞台は終わりました!


何気にその日の半分以上のお客様が停電だと気付かなかったらしい(笑)


その日、見に来てた野良犬弾の崔さんも気が付かなかったほど(ってあんた…稽古見に来てるでしょ! 爆笑)。


いや〜、いい経験させてもらいました!笑


後、これ以上のハプニングは地震か火事か津波くらいなもんです。


そんなこんながありまして、無事に「パンクな奴らは蕎麦を打つ」は終わりました!


まさにパンクな舞台でした!笑


今回、自分的に芝居を舞台上で結構楽しませて頂きました。


芝居の内容も現状と被る所だらけで、かなり胸をつつかれましたねぇ。


さて…現実の長曽我部とピンキーはこの先どうなるんでしょうか?笑


旨い蕎麦を打てるくらいにはなるんでしょうか?


さて、「しっかりしろよ佐藤良洋」次のブログ記事で遂に300記事になるらしいです!笑


続けるのも才能っていいますが…この俺が、日記を良くここまで書いて続けてこれたな…。

あ。今回写真を載せてない。

ん〜、なんか載せる写真あったかなと探してたら、カラオケ映像で見つけたピンキー時代の高原さんの写メを発見!笑

大ハプニング〜パンク蕎麦編〜

爽やかだ!笑

髪短い方が良いと思うけどなぁ!笑

しかもこの写メ!俺がCHAGE&飛鳥の「太陽と埃の中で」を歌ってた時で(笑)、高原さんの下の歌詞がまた今回の舞台とたまたまリンクしててビックリ笑える!笑


「追いかけて、追いかけても、つかめないものばかりさ」

まさに「Byアナーキー山田」。

俺、いい写メ持ってたなぁ〜(笑)

ちなみに高原さんにこれ載せるの了解得てません(笑)

大ハプニング〜パンク蕎麦編〜

二枚目は今回使った「weezer」マットシャープモデルベースと長曽我部のポスター。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

蕎麦、打ち終わり!


2010年一発目!


「パンクな奴らは蕎麦を打つ」


無事にパンクな奴らは蕎麦を打ち終える事が出来ました!


ご来場頂きました皆様!応援して下さった皆様!有り難うございました!


おかげさまで特技が「蕎麦打ち」です!

今回、30歳すぎのオッサンバンド「長曽我部」ベーシストのインモラル高嶋役をやりました。

多分…今回の全ての役…ほとんどは当て書きです。

インモラル→「モラル無し」

…フッ…わかってるじゃないか(苦笑)。


でもいつも野良犬弾では騒がしい役だったり、チョコチョコと笑いを取る役だったりするんですが(自分が勝手に小芝居してるだけと言う噂もありますが 笑)今回は役的に笑い無し。

出番も一番遅い。

そういえば前回入江さん演出の「桜サクラSAKURA」の時なんか3劇団の中での一番最後の登場だった。

蕎麦、打ち終わり!

そんな写真一枚目は「桜〜」で一番最後に一緒に登場した野良犬弾千葉尚之さんと。

今回何回も手伝いに来て頂きとても助かりました!有り難うございます!


おや?胸と首に何か落書きしてあるぞ?


いやいや、落書きではありません!一応自分で作れるタトゥーシールを貼っています。

このタトゥー


作るのが結構面倒だったので毎日色々と作る事が出来なく、そんな時間もあまり無かったので、なるべく風呂に入る時も取れないように気を付けていました。

胸の顔は…良くわかりません(笑)


初日の日にバタバタしてる中で何を書くかと言うアイデアも無く、音楽雑誌に書いてあった絵をとりあえず書いたんです(笑)。

蕎麦、打ち終わり!

二枚目の写真は二日目から貼ったタトゥー。

手伝いに来てくれた植田君と。

ノーフューチャー、ノーライフと書いてあるんですが(一応当たり前だろ!と突っ込めるニュアンスにしてます…)色をタワレコカラーにしたら照明で客席からは良く見えなかったらしい…。

それから写真には納めてないんですが、その下に「ギブ ミー ユア マネー」と貼ったり、腕に豚を貼ったりしました。

さてさて今回の舞台セットはこれ!

蕎麦、打ち終わり!

いい感じで出来上がりました!

ベンチやロッカーが手に入ったのがやっぱりデカかったなぁ!

蕎麦、打ち終わり!

そんな舞台セットになるって分かってない時の稽古場風景。


小屋入り数日前位かな。

この時は色々と不安だらけでした。


あ!

そうそう、初日のハプニングを話さないとですね(笑)

で、書こうと思いましたがここまででかなり長くなってしまったので、次のブログで載せます(笑)


次の野良犬弾公演はまだ未定ですが、また皆様にお会い出来る日を楽しみにしております!

あ!バレンタインチョコやたくさんの差し入れ有り難うございました!


全て美味しく頂いております♪


でわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

舞台も折り返しだ〜


昨日は昼夜の2公演。


毎日たくさんの知り合いが来てくれてとても嬉しい!

今回の芝居も好評みたいでこちらとしたら大変嬉しい限りです。


昨日の昼間は蕎麦を習った親方が見に来ていて、あまりに意識して蕎麦を作る所がいつも以上にうまく出来ませんでした(汗)


親方スイマセン…。

昨日の昼は札幌からの古い仲間がたくさん来てくれて、夜は去年の末にやった舞台「夢」のメンバーが来てくれました!


更に昨日は打ち上げの帰りにパンク繋がり?の「love・pank」という女性だけの劇団の皆さんに偶然会いメッチャテンション上がりました!笑


いや〜ビックリした(笑


やっぱりこう舞台をやると皆に会えるから嬉しいよ。


更に喜んでもらえてたら更に嬉しい!

約1ヶ月頑張って来て良かったと思える瞬間だ。

で、今回の自分の役は「長曽我部」と言うオッサンバンドのベーシスト役。

舞台も折り返しだ〜

そんなバンドのCDが劇場で500円で売っています!

今回でしか手に入りません!


良かったら是非!サイン入りです!笑


二枚目の写真は昨日の打ち上げでの写真。

舞台も折り返しだ〜

この時はもう後半で、最初はこの倍以上集まっての折り返し打ち上げでした!

さ。今日も劇場に行き、皆様をお待ちしております!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

パンクな奴等は蕎麦を打つ



無事にあきました!

本日は2日目。


2日目も無事に終わりました。

みんなで作り上げたセットもかなり満足いく仕上がりになりました!

今回夏の夜の暑ぐるしさを楽しむ感じで芝居を楽しんでます。


昨日の初日は野良犬弾初の伝説ともいえるハプニングがあり、と言うか役者人生で最大級のハプニングでした(笑)

初日を見に来て頂いた方々は大変ラッキー(?)だと思います(笑)

言っていいのかな?

まぁ、いいだろうな。笑

演出の入江さんも良いって言ってたし(笑)

本番中に…


最後の見せ場で…


いや、本番終わってから書きます(笑)


期待させてすいませんが、これから観に来る方もいるので(笑)

一つ言える事はもうあのハプニングは起きないだろうと言う事。

だからこれから観に来る方は普通に期待しないで見て楽しんで下さい(笑)

パンクな奴等は蕎麦を打つ

写真は今日お客様に持って帰ってもらうようの蕎麦をみんなで作っている所。

今回先着3名様に自分達で打った蕎麦をあげてます!笑

欲しい方は早い者勝ちです(笑)


明日は2公演!


頑張るぞ!笑

写真右から自分、蕎麦を切ってるのがタツさん、後ろが手伝いで来てくれた千葉さんに手前が高原さんです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

バンクーバーまで後5日、じゃなく舞台本番まで後1日!


バンクーバーまで後5日、じゃなく舞台本番まで後1日!

写真は2日前の稽古後の電車の中での一枚。

今回は今までの野良犬弾の稽古日数の中でも一番短く、まだ稽古が後一週間ある感じが…じゃなく後一週間あれば…と思う事もしばしば(笑)。


今日は小屋入り。

今、朝の6時前。

何故か目が覚めてしまった。

テレビを付けたらバンクーバーオリンピックまで後5日!?


そうかぁ。知らなかった。

で、更に見てたら亀田大毅が世界チャンピオン!?

試合があるのも知らなかった…。

見たかったなぁ〜!


でも大毅良かったなぁ〜!


亀田兄弟凄いね!


さて、昨日は高原さん設計の指示で蕎麦打ち台をみんなで作りました!


蕎麦打ち台の上は蕎麦を習った親方から借りてきている物です。


その他にも包丁や麺棒など色々とお借りして大変お世話になっています。

今日は小屋入りですが、今回は野良犬弾初の舞台美術さんも舞台監督さんもいません。いつも通り制作さんもいません。

全て手作りです!


…。


それで何故かいつの間にか全て自分指示でやることに。

確かに舞台監督や制作はほんの少し経験ありますが…


舞台美術も過去の東京倶楽部の舞台では全て手作りだったので、いつの間にか皆さんより少し叩きを出来るようになりましたが…。

む、むちゃくちゃだ…。苦笑

でも…実際俺がやった方が上手く進むなら…それで今回の舞台が少しでも良い出来になるならやるしかない。


なのでこの約1ヶ月無い稽古期間で(今までの野良犬弾で一番稽古日数が少ない)小屋と色々と打ち合わせしたり、美術を作ったり用意したりと影でしてきました。

でも今回は制作で一番大変な稽古場を抑えるのをコジや今回出ない三浦ちゃんがやってくれたり、当日パンフレットを増子ちゃんが作ってくれたり、蕎麦打ち親方はタツさんが知人から紹介してもらったり、舞台美術では演出の入江さんのイメージに近付けるため、崔さんや今回初参加の宇岬さんにもかなり助けて頂きました。

今回は野良犬弾初のみんなの手作り舞台です!(実は普通な事だったりする)

役者はこんな事しなくても良い職業ですが、人手が無い現場で「役者なのに何でこんな事しなくちゃいけないんだ」「しなくてもいいのが当たり前だ」「誰かがするだろう」と思うような役者にはなりたくない!


もちろん現場でそれをやる仕事の人間が居るのにやらされたり、出来もしない奴に言われたりするのは腹がたちますし、やりませんが(笑)

会社の社長は何でもやってきて出来るから社長なんだと思う。


役者に社長はいないけど、似てると思う(現場では監督や演出が社長みたくなるのかもしれませんが)。


舞台や映画を作るのには規模によって色々とやる事が変わってくる。


それは会社でもそうだと思う。

自分に与えられた仕事はチャンとやり+アルファで何か出来ないと上には行けないと思う。

その+アルファが現場に明るさをもらたすだけでもいいと思う。

今回の舞台では制作・舞台美術・舞台監督が自分の+アルファ。


これを+アルファにしていいのかわかりませんが(苦笑)

人手が足りない現場なので仕方ありません。

とりあえず今日から小屋入りです!


何故か全然寝れてないですが頑張るぞ!笑

バンクーバーまで後5日、じゃなく舞台本番まで後1日!
昨日は稽古最終日。


写真は今回の舞台で出てくる30才過ぎたパンクバンド「長曽我部」メンバー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

現実逃避出来ないのは知ってるが…


本番まで後5日!?


稽古出来るのが後3日!?(8日は立て込みで稽古は出来ない)


現実逃避したくなる…けど出来な〜い(笑)


でもきっと何とかなる!


きっと何とかなるんだろうが、そう思っていたらきっと良い物は出来な〜い!


…と、ブログで自分にカツを入れてみる(笑)


しっかりしろよ佐藤良洋(笑)。


「パンクな奴らは蕎麦を打つ」


席にはまだ空きがありますので、是非見に来て下さいませ!


今回の舞台。


パンクなんで楽器を毎回稽古場に持って行かないといけないんです(実際は弾くシーンは無い)。


更に蕎麦も打つので蕎麦打ち道具も手分けして持って行かないといけないんです。


更にまた、舞台なので衣装を持って行かないといけないんです。


更にこれまた、今回も制作的な事もやっているので制作道具も持って行かないといけないんです。


「今日も1日、稽古に集中して行くぞ!」


と家を出ても、稽古場に着く頃にはもう大量の荷物で疲れて嫌になっています(笑)。


基本、サンダル手ぶらで歩くのが好きなんで(笑)。


でも舞台をやってて楽しみの一つは普段なかなか会えない友達や知り合いにたくさん会える事。


やっぱり社会に出たら昔のように皆で集まるって言うのがなかなか出来ないじゃないですか。


そんな中で舞台をすると連絡をするようになるし、みんなに会えるのは非常に嬉しい!


ただ舞台の時だけしか連絡出来てない…と告知をする時に凹む事も多々ありますが(苦笑)。


本当は「今何してる?これから飲まない?」


みたいな連絡を取りたいんです!


そうなるとお金にも余裕が欲しい…。


おっと、言い訳は止めましょう。


ん〜!!


何か今日は愚痴ぽいぞ!?


やだな〜やだな〜。こんなのやだな〜。

現実逃避出来ないのは知ってるが…
ん〜現実逃避したくなる(笑)

あ。また稲川淳二が出てきた…。


とりあえず、みんな元気であればいいんです!笑


俺が

「舞台やってるぞ〜!」


と言うのは


「元気でやってるぞ〜!」


って事なんで(笑)

現実逃避出来ないのは知ってるが…

写真は稽古後、自分のたくさんの荷物と野良犬(?)との一枚。

現実逃避出来ないのは知ってるが…

可愛い(笑)


全然人見知りしない(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

復活!


完全に体調治りました!


心配おかけしてすいませんでした!


おかげさまで普段の佐藤良洋に戻りました!笑

病院に行った時に風邪と足を見てもらったんですが、


医者「風邪はいつからですか?」


佐藤「昨日から吐き気とか熱が出てるんですが、この1ヶ月でこれで3回目で吐き気は2年くらい前から外とかに出た時に毎回オェっと来てたのでそこも見て欲しいんですが」


医者「2年前から?…ふ〜ん…で、足はいつから?」

佐藤「足は7年位前に靭帯切ってそれからほとんどほったらかしでして…」


医者「7年前!?…そうですか…」

てな感じで医者も驚いてました(笑)

さぁ!そんなこんなでいつの間にか舞台まで一週間になりました!


ん〜!早い!ヤバイなぁ…色々と(笑)

今年の舞台はこの舞台だけになるかもなぁ〜。

復活!

写真は昨日雪が降ってたのでそれをバックに撮ったんですが全く写ってないですね〜…

右は入江さん、その下はタツさん、真ん中が今回音響をしてもらう河内さん。河内さんは去年やった舞台「夢」の時にも一緒で今回野良犬弾の方でもお世話になる事になりました。

復活!

写真二枚目は真面目に蕎麦を打つ稽古中に後ろでふざけてる佐藤良洋。

復活!

三枚目はそんな途中経過の蕎麦を持ってる所です。


さて、今回の舞台!笑うところがたくさんあるので遠慮せずにドンドン笑って下さいませ(笑)

真面目に見たら駄目です!笑

ちなみに自分は今回珍しく笑わせる所の無いキャラなのでまわりで笑って下さい(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »