« 中村うどん | トップページ | 香川県日記② »

2010年5月 6日 (木)

香川県日記①

えー、昨日東京に帰ってきました。


「香川県あっちー!ヤッター夏先取りだぜ!」と受かれてたんですが東京の方が暑い気がしますね。


日本の働く皆様と同じ気分を味わうためにあえてゴールデンウィークに旅行に行こうと決め、香川県を選んだ理由はただ単に本場の讃岐うどんを食べてみたいと言うのと、四国に行った事が無かったのと、日本最古の芝居小屋が香川県にあると言う事でした。


かなり節約したつもりが意外と使っていて少し凹んでます。


まず香川県に行ってわかった事は海が綺麗と言うのと、讃岐うどん屋が車で行かないと行けない距離にばかりあると言う事。


東京のマクドナルドみたく駅出たらあると思ってたら佐藤良洋みたく痛い目をみます(笑)。


香川県に行く予定の人はレンタカーか車で行くのをオススメします。


何度も言いますが自分免許無いんです(笑)。


で、結局1日目はうどんを全く食べれなかったんですが直島と言う離れ島にフェリーで行ってきました。


直島は色々なアーティストさん達が民家や銭湯などを改造したり、あちこちに美術作品を展示してたり、更に小さい島ながら大きな美術館などもいくつかありと、まさに「美術の島」でした。


島で自転車を数台レンタルをしているんですがゴールデンウィークと言う事でアッちゅう間に無くなってて借りれませんでした。

香川県日記①

写真一枚目はそんな島の海岸にポツンと展示してあった物の1つ。


カボチャかと思ってたらスイカらしい。

香川県日記①

二枚目はベネッセハウスと言う直島代表の美術館にて。


本当海が綺麗だった…


沖縄にも行ってみたくなった。

香川県日記①

三枚目は島にあった普通の銭湯を日本で一番のアートな銭湯に大竹伸朗氏が変えた「I heart01 湯」の前にて。


仲良くなったお婆ちゃん達と写真を撮りました。


「もう昨日とかも人がズラーってここら辺一帯に並んでて私の家の敷地まで入られて困っちゃうのよ!ここの銭湯にはお金が入るからいいけど、私には何も入らないんだからね!」


とおばちゃん達が愚痴を言ってた会話に、いつの間にか自分もそこに加わっていました。


「いや〜でもお姉さんのその若さの秘訣はこの銭湯のおかげなんでしょ?肌が綺麗ですもん」


「あら♪嫌だよ〜(爆笑)でもやっぱり分かるんだねぇ?」


三人「ガッハッハッハ!」


てな感じで(笑)。


もちろん中にも入りましたよ!いい湯だったし、入ってて飽きなかった。


中での写真はNGだったんですが中には象がいたり、熱帯植物がたくさん飾られたり、風呂の中にはカラフルなタイルが敷き詰められたりしてました。


で。この日は結局讃岐うどんを食べれなく…。


2日目は更に離れた島で「農村歌舞伎」と言う祭りがやってるとの事でそこに行きたかったんですがフェリー代やら高く付きそうなんで止めて、「丸亀お城まつり」と言う方に行ってきました。

香川県日記①

丸亀城からみる景色は昨日見た海の景色とはまた違って良かったです!


で。この日にようやく讃岐うどんを食べました!笑


讃岐うどんをハシゴして食べ歩きたかったんですが、どこもうどん屋とうどん屋の距離が離れすぎていて3食が限界でした。


色々とオススメ店を教えてくれた皆様有難うございました!


この日行ったのは駅前に唯一あった讃岐うどん屋と(名前忘れた…だって美味しくなかったから笑)前の日記で紹介した「中村うどん」(ダシが旨い)と「わら屋」(コシと天ぷらが最高)。

香川県日記①

写真は「わら屋」での一枚。


このブログは写真5枚までしか載せれないので続きは後日また載せます!笑

|

« 中村うどん | トップページ | 香川県日記② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191979/34557415

この記事へのトラックバック一覧です: 香川県日記①:

« 中村うどん | トップページ | 香川県日記② »