« 三社祭&タイフェスティバル&台本作業&ライヴ | トップページ | 馬鹿男三人 »

2010年5月21日 (金)

ロッカトレンチ


今日も昼間歯医者に行って来ました。


行くと必ず他の歯も治療されたりと、結局結構通う事になりお金もかかるんですよねぇ。


いつもは治療が途中でも痛くならなくなったら歯医者に行くのを止めてたんです。


「ハッハッ歯!痛くならなきゃもうこっちのもんだ…、後は歯をしっかり磨いてこれをキープ!!」


と毎回バカな考えをしてましたが、今回はチャンと真面目に治してみようかなと。


昔ほど歯医者が怖い所だと感じなくなったので。


昨日は知り合いの舞台を南阿佐ヶ谷に見に行って「良くこんな膨大な量の台詞が言えるよなぁ〜」と同業者なのに普通に感心してしまってた。


自分もこれぐらいの量をこなしていた事があると思うと不思議だ。


で。


その後は赤坂ブリッツにロッカトレンチのライヴを見に行きました。


ロッカトレンチとはCDを出したらオリコン10位以内に入る、今やイケイケのバンドであるのだが(前にミュージックステーションに出た時にもこのブログで紹介しています)実はそのロッカトレンチのベースをしてる河原真は自分の大学時代入っていた音楽サークル「コッキーポップ」で知り合ってからの親友なのである。


で。昨日は全国ツアーの最終日。


嬉しい事に招待メールが来たので大学時代の仲間に声をかけて頑張っているシンの晴れ姿を見に行って来ました!


入る前は「お客が入って居なかったらどうしよう」とか1000人は入る赤坂ブリッツを前に親心みたいな心配ばかりしていましたが…

ロッカトレンチ
↑ご覧のように1000人入る赤坂ブリッツは超満員!♪

ロッカトレンチ

ライヴも凄く良かった!


たくさんのファンの子から「シンくーん!☆」と声をかけられてるのを見てメチャメチャ嬉しかった!


ちなみに大学時代ではシンと自分ともう一人の三人で「モテないブラザーズ」と言うものを結成していた。


あ。


いかんいかん…。こんな余計な事を書くとシンが音楽によってモテない時期を乗り越えてモテてるようになったとかに聞こえ動機が不純に聞こえる!笑


いやいや、決してそうではなく、頑張ってるシンに暖かいファンが付いてるのが嬉しかったんです。


勿論モテるようにもなったんでしょうが。シンと言う男は純粋に音楽とベースとサッカーと広島カープが好きです。


そんなんで、ライヴ中はずっと嬉しくてニヤニヤしてました(笑)


で、自分はいつもの如く「シン!よっ!いい男ー!」とか「待ってました大統領!」とか二階席から色々と声援を送っていまして。


大学時代並みにハッチャケルと周りのファンに迷惑がかかりそうなので少し控えて声だけにしていましたが、自分の声は自分の思ってた以上にハッキリとステージまで届くらしく、前の日のDef ROCKSTAのライヴの時みたくボーカルさんに突っ込まれました。


「凄い、声援だなぁ…(汗)一瞬何が起きたかと思った。このシーンとした所で凄い勇気だなぁ(笑)」


と。


もちろん一階のお客さんにも全て聞こえてるみたいで後ろを振り向く顔が良く見えました(笑)。

ロッカトレンチ

終わった後久しぶりに話したけどアイツは全く変わらないなぁ!笑


あれだけ周りの環境が変わっているのに凄い事だ。
(メチャメチャ誉めています↑)


シン「今日のライヴはジョナスが全部持っていってたな(笑」(ジョナスとは大学時代の自分のアダ名)


とか話してたけどシンのベースラインは本当にいいと思ったし、更に上手くなってるし、ロッカトレンチの中でも良いポジションにいるし、そして昨日のライヴは…シンが一番目立ってたぞ(笑)


終わった後は大学時代の仲間で飲みに行き、昔話に花を咲かせ楽しく酔っぱらいました(笑)


シンのツアーも終わった事で久しぶりにシンとも飲む約束をしたし楽しみだな。

|

« 三社祭&タイフェスティバル&台本作業&ライヴ | トップページ | 馬鹿男三人 »

コメント

佐藤君もモテモテになるように頑張ろう!

投稿: 管理人H | 2010年5月21日 (金) 午後 08時25分

管理人H氏>
動機は不純だ。笑


が。


なれるもんならなりたい。

投稿: サトウヨシヒロ | 2010年5月25日 (火) 午前 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191979/34805837

この記事へのトラックバック一覧です: ロッカトレンチ:

« 三社祭&タイフェスティバル&台本作業&ライヴ | トップページ | 馬鹿男三人 »