« 野良犬弾ミーティングと客演舞台顔合わせ | トップページ | 出演情報/映画「くろねこルーシー」 »

2012年10月13日 (土)

2012年観た映画④

先日、自販機で100円入れたらペプシネックスがたくさん出てきました(笑)

このコーナーもしぶとく続いてます。

一年間で自分がどれだけ映画を観ているのか知るためにも、何とか今年だけでも続けたい(笑)

このコーナーを知らない方も居ると思いますので、そんな方はこちらもどうぞ→

『2012年観た映画①』 http://ganbareyamatanisan.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/2012-cce8.html

『2012年観た映画②』 http://ganbareyamatanisan.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/2012-d0f0.html

『2012年観た映画③』http://ganbareyamatanisan.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012-f5de.html

簡単に言うと、1年間で佐藤良洋は何本くらい映画を観てるのか!?

というのを自分で知りたくてやってるコーナーです(笑)

レンタルビデオで借りる時にでも皆さんの参考になればとも思ってます。

前回まで観た映画本数が82本なので83本目から

83『ミッションインポッシブル〜ゴースト・プロトコル』
シリーズ4作品目。1作品目は面白かったが、2作品目は面白いと思わなく、3作品目は観てないと思う。2時間を越える作品になってたが、テンポは勿論、MIシリーズで必要な「マジ!?」的要素を随所に入れてて面白かった。

84『素晴らしき哉、人生!』
1946年モノクロアメリカ映画。フランクキャプラ監。アメリカの教科書に載るほど有名な作品だが初見。ストーリーはいわゆるクリスマスキャロル。こんな幸せな家族を誰もが憧れるハズ!

85『トウキョウソナタ』

Img7f7d0fdbzik7zj_2

監督は黒澤清。大変面白かったです。30〜50代が一番共感できるのでは。舞台となった家は自分の家の本当に近所(笑)実際、撮影現場にも遭遇してました。黒澤清作品で自分のオススメは「勝手にしやがれ!!強奪計画」

86『ドラゴンタトゥーの女』
デビッドフィンチャー監督。よくわからないけど緊張感はずっと伝わる(笑)。どの映画でもダニエルグレイグの芝居の安定感は凄い。

87『三つ数えろ 特別版』
サスペンスハードボイルド。この手の映画はあまり殺人が起きないイメージだったが、結構死にます。

88『セーラー服と機関銃』
主演の薬師丸ひろ子さんが一番のってる時の作品ですが、自分は残念ながら全く満足出来ませんでした。若き薬師丸ひろ子さん出演オススメは「探偵物語」「Wの悲劇」など。

89『ベルリン・天使の詩』
ヴィム・ヴェンダース監督。タイトルの通り、ほとんどのセリフが詩となっているこの作品。ヒロインの詩がとてもステキだ。最近自分も天使の存在を感じる不思議な体験をしたのを思い出しながら見てました。

90『狼の流儀』
室賀厚監督。良く知っている東京倶楽部のメンバーがたくさん出ています。菅田さんはやっぱり素敵です。

91『晴れ、ときどき殺人』
井筒和幸監督。主演は渡辺典子。所々に出てくるサービスカットやギャグ(現場で作られたに違いないセリフ)がこの時代の作風って感じがする。

92『不毛地帯』
仲代達矢主演。大好きな大滝秀治さんがこの映画で賞を取っているとの事で観ましたが、他にも若き秋吉久美子さん、北大路欣也さん、田宮二郎さん、丹波哲郎さんなど豪華キャストが出ています。久しぶりに途中休憩が入るほど長い映画でした。

93『J・エドガー』
クリント・イーストウッド監督。レオナルド・ディカプリオ主演で実話に基づく作品だっただけに期待しましたが、少し期待倒れでした。

94『ミンボーの女』
伊丹十三監督。大好きな大滝秀治さんも伊丹作品常連として出ている。
宮本信子さんをはじめ、大地康雄さん、宝田明さんなど良い役者がそれぞれメリハリのある芝居で更に作品を面白くしています。

95『休暇』
小林薫主演。死刑になる人物よりも死刑執行する側の視点になって作られている。見ていて幸せに生きたいなと思わされました。

96『男はつらいよ〜あじさいの恋』
ヒロインは石田あゆみさん。何度観たかわからない。自分の中では寅さんシリーズ5本の指に確実に入る名作。やっぱ寅さんはいいなぁ(泣)

97『プロメテウス』
リドリースコット監督。全く知識無しで映画館で観た。序盤ですぐにあるリドリースコット代表作とリンクして「リドリースコットも世界観が乏しいな」と思ったが、乏しくて当然の内容作品だったことにビックリした。

98『エイリアン』
リドリースコット監督。家にDVD があったのでプロメテウスの余韻で観てみる。やはり名作。この時代に観ても凄い発想力だと思う所と、そんな電飾の機械で宇宙行けないだろ!と突っ込む所もあって新鮮に見れた。

99『アイアンマン』

0414_2

久しぶりにヒーローシリーズの映画を観た。ストーリーの流れや、主役の気持ちの流れが丁寧に演出してたのが良かったし、面白かった。

100『アイアンマン2』
まぁ、2になるとやっぱりこんな感じになるのかなといった感じ。前作の方が主役のキャラが立ってて良かった。

101『マイティ・ソー』
これまたヒーローもの。ベタなストーリー過ぎて何が良いのか…。

102『キャプテン・アメリカ〜ザ・ファースト・アベンジャー〜』
アメリカのヒーローには変わりないが…。所詮、薬を打たれて筋肉がもりあがった人間戦争兵器モルモットさんが戦争でお国のために活躍しているだけ。

103『アベンジャーズ』
ヒーローの勉強の為に最近ヒーロー物を観ていたってのもありますが、この映画を楽しみたかったからと言うのもありました。ヒーローがたくさん出てくるので、視点が定まらないかなと思ってましたが、そんな事もなく、どのヒーローもうまく使っていて観やすかった。(出てくるヒーロー全部観なくても、アイアンマンさえ観てればいいと思います)

104『灼熱の魂』

Main_2

監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ。カナダ・フランス製作。映像もストーリーも凄かった。自分の愛する人達がこのような人生をおくってしまったらと思うと、苦しくて押し潰されそうになります。

105『生きものの記録』

Img_1034296_23995048_0

黒澤明監督。三船敏郎主演。こんな白黒映画の時代にこの内容の作品を作るとは凄いとしか言えない。まさに今の時代の日本に向けてのメッセージ映画。いつ来るかわからない水爆の放射能を恐れ、ブラジルに家族全員を引っ越しさせようとする父親と、そんな父親をキチガイ扱いしかしない子供たちを描いてます。やっぱり黒澤明と三船敏郎のタッグ、そして志村喬さんはいいなぁ。

106『大誘拐』
岡本喜八監督。こういうヒューマンコメディテイストの作品は大好きです。もっと色々と盛り込んで更にテンポ良くしてもいいと思いましたが、安心して観れました。

107『行方不明』

Main1

川野浩司監督。誰もわからない所で自分も出ています(笑)。ホラー映画です。
2012/11/10〜オーディトリウム渋谷にて公開です!宜しくお願いします!

108『恋の罪』
園子温監督。所々の演出に笑える(笑う所では無いのですが)。言葉の意味の説明するシーンにとても納得。この作品ではみんなSEXに溺れて浮気をしているからそれが普通に見えるが、そもそもそれがいかんと思う。園子温作品はどれも凄いです。

109『ハングオーバー!消えた花婿と史上最悪の二日酔い』
1度はこんなにハメを外した飲みをしたい。最後のシメも良かったし、楽しく見れました。ただ役者がもっとキャラ立ちしてても良かったと思う。

110『コクリコ坂から』
宮崎吾朗監督。「ゲド戦記」よりは良かったが、魅力の無い細かいカット割りが多くて、主役二人の元々無い魅力を更に少なく感じさせてしまっていると思う。

111『ロボジー』
設定内容は面白いと思います。ただ、なんか安っぽい内容でした。

112『あなたへ』

82a082c882bd82d61_2_2

降旗康男監督。高倉健主演。大滝秀治さんの遺作となったこの作品。凄く良かったです!最初、大滝秀治さんの名前が出た所から涙腺が緩みっぱなしでした。曲も素晴らしい。愛する人との辛い別れを経験してればしてるほど、心に残る映画になっています。自分は自分の時間を進まないといけないんですよね。それぞれの辛い心境をなるべく芝居で見せて、伝えたい作品の大事な所を大事に大事に、少ない言葉と絵で見せる降旗監督の演出は素晴らしかったです。もうなかなか新作で観れる事は無いんだろうな、このような自分の大好きな昭和の臭いがする映画は…。大滝秀治さんの最後の舞台と最後の映画を生で観れて良かったです。でも役者として、現場で大滝秀治さんを感じる事が出来なかったのがとても残念です…。

と、今回は112本まで行きました…。

もう今年始めに観た映画とか、他の映画観すぎて内容忘れてんじゃないかな?

大抵自分は右から左に流すからな…。

今年はこのコーナーも次で最後になると思いますが、はたして何本いくんでしょうか…。

これだけ毎年映画を見てても知らない作品って、いっぱいあるんだよなぁ…。

|

« 野良犬弾ミーティングと客演舞台顔合わせ | トップページ | 出演情報/映画「くろねこルーシー」 »

コメント

今回は特に邦画が多い気がするね。

アベンジャーズは自分も見たけど「マイティ・ソー」と「キャプテン・アメリカ」を見ないとストーリーはわからないんでは?

投稿: 管理人H | 2012年10月13日 (土) 午後 02時13分

お久しぶりですpaper
映画の世界は深いですね。
作る人によって色々変わって来ると思うので無限にちかい?数があるのかもしれませんね。
次回も楽しみにしてます。
この際だから200目指してみては?なんてbleah

投稿: EIMIE | 2012年10月15日 (月) 午後 07時09分

管理人H氏>
確かに今回は邦画が多いかもね!
やっぱその二本も見ないとダメかな?(笑)
確かに見ないとわからない所もあるけど…あの二本面白くないんだもん(苦笑)
自分的にオススメ出来ないんだよね(笑)


EIMIEさん>
お久しぶりです!!
いや、もはや全ての映画を観れる人は居ないと思いますよね。
多分ですが、毎日世界で何10本と映画が出来てると思うので、そうなると最低1日10本以上は見ないといけないんです。
でもそのペースだと過去の作品は見れないんですよね~。
ですから人生の中で観れる映画は限られてるので、映画を選ぶのも大事ですね。
今年中に200本超えですか!?(笑)
1日1本は見ないとですか…。
1日1本も厳しいですね~(苦笑)
マイペースで行きます♪

投稿: サトウヨシヒロ | 2012年10月16日 (火) 午前 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191979/47433831

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年観た映画④:

« 野良犬弾ミーティングと客演舞台顔合わせ | トップページ | 出演情報/映画「くろねこルーシー」 »