« 舞台「分署物語」終了しました! | トップページ | 2013年明けました!そして新年告知!! »

2012年12月31日 (月)

今年も終わり&2012年観た映画final

今年も終わりますね。

今年は色々とあったせいか今年1年は凄く長く感じています。

皆さんはどうだったでしょう?

先日は自身がやってる『さよならコカ・コーラ』というバンドでスタジオ&忘年会をしました。
今年も終わり&2012年観た映画final

夕方から飲み初めて、酔ったまま夜スタジオ入って、居酒屋入って、カラオケ行って、気付いたらボーカルの友野さんの家で昼まで寝てました…。

カラオケで吉田拓郎を歌いながら涙が止まらなく、泣いてたのを覚えてますね(笑)

今年も終わり&2012年観た映画final

この写真が次の日その友野さんの家で昼、酒が残った状態でミカン食べながらコタツに入ってる3人。

おや?

この写真何か違和感ないですか?

実は3人ともお揃いの服着てます(笑)

友野さんの彼女さんから頂きました。有り難うございます!

今年も終わり&2012年観た映画final

そんなこんなで『2012年観た映画』のコーナーも無事に続けられました!

前回まで観たのが112本だったので今回は113からです。

113『ハングオーバーPARTⅡ史上最悪の二日酔い』
前作が思ってた以上に面白かったのでⅡも観てみました。流れは全く同じですが、それが良かったと思う。

114『影武者』
黒澤明監督・仲代達矢主演。観てたと思ってたら大滝秀治さんが出てる!?と知って観てみたら観たことなかった(笑)フランシスコッポラやジョージルーカスも参加しているという凄い映画だが実に長かった…。やっぱ白黒時代の黒澤&三船作品が面白い。

115『母べえ』
山田洋次監督・主演吉永小百合。
やっぱり山田洋次作品は大好きですね。あの安心して引き込ませる作り方が凄く居心地がいい。山田洋次作品では欠かせない、倍賞千恵子さんが出てくるとやっぱり嬉しくなります。けっして観てる方は「またか」とはならない。「まってました!」となる。日本の映画はデジタルに変わってもそこはずっとそうあってほしい。大滝秀治さんの使い所も良かったです。

116『昼間から飲む』
韓国映画。監督ノ・ヨンソク。クオリティは学生映画並みですが、ストーリーの落としかたが良い。終わりが良いので、見終わったあとの満足感はだいぶ良いものになる。

117『くろねこルーシー』

亀井亨監督。チョコっと出ています。作品はほんわかしていてとても癒されます。テレビドラマと連動していまして、どちらを観てもどちらから観ても楽しめるようになっています。ネットで観られるCMにも自分出てますので良かったら観てみて下さい!

118『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼』
寅さんシリーズの中でも傑作の内の一つ。劇団民芸を支えてきた役者さんが名をつらねるこの作品。この作品の大滝秀治さんは最高です。自分はこの作品の大滝秀治さんの芝居を観てから、ファンになったのです。

119『同胞-はらから-』

山田洋次監督。チョコチョコと寅さんシリーズのメンバーが出てくるのがたまりません。昭和の匂いがぷんぷんします。作品の内容も良くて(弱冠強引な所もありますが)役者やってる自分としては理解出来て熱くなれるいい映画でした。

120『イントゥ・ザ・ワイルド』

ショーン・ペン監督。色々と考えさせられた映画。観てたら無性に何故かギターを弾きたくなりました。目に見えて大きくなれる事の方が、どうしても人として評価されやすいですが、今の世の中、心の大事な所にある成長を大きくするのは、なかなか難しい。

121『父、帰る』
ロシア映画。この作品、セリフも美術も音楽も少なく、目立ったものがありません。色々と余計なものを極端に省いていて、更に色々と伝えたい答えを客に教えないで終わっています。途中DVDに傷が付いてたのか10分ほど観れない所があったので更に解らなかった。でも2003年ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞受賞。

122『ファッションストーリー』
プロデューサーさんに誘われて観に行きました。たくさん知ってる方が出てて楽しかった。

123『EDEN』
知り合いの出演者が出ていたので観に行きました。他にもたくさん知り合いが出てました。
山本太郎さんの電話のシーンが良かった。

124『007 慰めの報酬』
相変わらずつかみのアクションは凄い。ストーリーが入ってこなく、カジノロワイヤルには及ばない。新作を映画館で観たかったのでまだ観てなかったこの作品を借りて観たんですが、まだ新作観れてない。

以上です!

2012年の前半に比べると、後半あまり本数が延びなかったですねー。

舞台やるとやっぱりなかなか映画観れないですね。

でもなるほど、俺はだいたい毎年124本くらい映画を観てる事がわかりました(笑)

だいたい3日に1本は観てる感じですね。

これで

「役者なら年間100本
は映画見ろ!」

ともし誰かに言われることがあったなら、

「フッ…観てますよ?毎年124本くらいは観てるかなぁ〜」

と言える。

が、「そんなに観ててお前はそんなもんか?」「そんなに見る時間があるなら働きなさい」

などと普通に言い返されるのがオチなので言いません。

それに映画の本数で芝居が決まるもんでもないし(でもたくさん観てダメな事はない)。

来年もこのコーナーを続けるかどうかはまだ決めてません。

とりあえず2012年で観た124本の内でベスト6を出してみました。

とりあえず初見の作品のみとさせて頂きます(何度も観てる「男はつらいよ」シリーズなどは省きます)

・オーケストラ!

・ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

・Wの悲劇

・この空の花

・監督失格

・あなたへ

順番は観た順番です。

他にも勿論いい作品はあったんですが、強くインパクトに残ってたのはこの6作品だったかなぁ。

正月家に居る方が多いと思いますので、良かったら家で観てみて下さい。

いい作品でした!!(あ、「この空の花」や「あなたへ」は、まだレンタルされてないかもです)

では皆さん良いお年をー!

2013年はいい年にするぞー!\(^-^)/

|

« 舞台「分署物語」終了しました! | トップページ | 2013年明けました!そして新年告知!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191979/48550248

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も終わり&2012年観た映画final:

« 舞台「分署物語」終了しました! | トップページ | 2013年明けました!そして新年告知!! »