« 2017年12月 | トップページ

2018年1月13日 (土)

カンボジアの歴史を知って欲しい


2018年になり、札幌に帰省して姪っ子達とスター・ウォーズ/最後のジェダイをようやく観て興奮し、それから東京に一瞬帰ってから常夏のカンボジアに行って来ました(笑)

去年の12月からタイ→小豆島→札幌→カンボジアと1ヶ月チョッとでこんなに飛行機に乗ったの初めてかも。
来週にはまた小豆島に行きますし。

カンボジアには親父の仕事でチケットが二枚余ってたので妹とその姪っ子が行く予定だったのが、姪っ子が行けなくなったので急遽自分が行くことになりまして、父親と妹と三人で行って来ました(笑)

2泊4日でとても短い時間でしたが、とても勉強になりました。

カンボジアと言えばアンコールワット遺跡というイメージだったのですが、行ってみると一番の衝撃と心に残ったのはキリングフィールドやトゥールスレン。カンボジアの歴史でした。

多分、あまりピーンと来ない人も多いと思いますが(自分も映画「キリングフィールド」「アウト・オブ・キリング」をたまたま見た事があり、他に行く前にウィキペディアでチョッと読んだくらいしか知りませんでした)とても暗くて悲しい歴史があります。

是非このカンボジアの悲しい歴史を少しでも皆さんに知って欲しいのですが、その前にアンコールワット遺跡の写真を(笑)
カンボジアの歴史を知って欲しい


タイでパジャマ用に買った「気にしない」Tシャツ着てます。映画「トゥームレイダー」の舞台になってます。

カンボジアの歴史を知って欲しい


お土産店で物色してるとよく海外の観光客から「ハウマッチ?」と現地の店員さんに間違われて話しかけられました。
「アイム ジャパニーズ」と言ってこのTシャツ見せるとみんな外人さんは爆笑してました。

カンボジアの歴史を知って欲しい
憧れだったアンコールワット!
観光客の人達が多過ぎてチョッと現地の空気が伝わりにくいのが残念でしたが、間違いなく凄かったです。


カンボジアの歴史を知って欲しい

猿もいます。

カンボジアの歴史を知って欲しい

振り向かれてチョッとビビる。

写真


カンボジアのお猿さんは意外とおとなしいです。しかしアンコールワットは広大です。


カンボジアのショッピングモールは凄いです。
写真

服屋とか雑貨屋などがひしめく中に肉屋があります。匂い半端ないです(笑)屋根ありの室内ですし、年中常夏です。服に匂いとか付かないのかな…。

日本に着くなり妹と親父は体調が急激に悪くなり病院に直行したらしいです。

同じものを口にしてたハズなんですが自分はなんともないです。
蚊に刺された足が痒いくらいです。

ショッピングモールは2年前に行ったトルコの感じに似てました。

そう言えばアンコールワットにはトルコに一緒に行ったけーすけさんがたくさん居ました。


写真


写真
現代のけーすけさんは罰せられる事はあっても祭られる事はありません(笑)


アンコールワットよりも衝撃的だったのが、冒頭でも書きましたキリングフィールドやトゥールスレンです。

是非最後まで読んで貰えたらと思います。

まず、ここで簡単に説明しますとこれは1975年~1979年の約4年以内で起きたポル・ポト政権の時の歴史です。

1979年と言うと自分が生まれた年でありまして、わずか38年前の話になります。

この約4年間でクメールルージュという政治勢力のポル・ポトによりカンボジア国民の約3分の1の国民、350万人が虐殺されたという歴史です(※他の資料では100万人~200万人とありますが、色々と他国の政治的な都合などで数がバラバラです。現地の話では、実際は350万人以上のようです←病気や餓死など含む)

なので今のカンボジアの人で自分の年より上の39歳以上の方々は全員この時代を経験していると言うことになり、カンボジア国民の平均年齢が38年たった今でも25歳というあまりにも低い数字になっています(大量に大人が殺されたので)。

350万人ってピンと来なくないですか?

広島の原爆が当時推定35万人の広島の人口のうち9万~16万6千人が被爆から4ヶ月以内に亡くなったとされている数字です。


何故そんなに殺されたかを簡単に言いますと、ポル・ポトが自分の政治体制を引っくり返されないようにするため知的階級を片っ端から殺したんです。
医者や教師はもちろん、少しでも学があると思われた人は殺され、メガネをかけてるだけでも殺されたみたいです。そして親族も復讐させないために次々と殺していきました。

銃の弾を節約するため、その殺し方は斧やナタなど原始的な物で、自分がもっとも衝撃だったのが、小さな子供は片足や片腕などを持って大木に思いっきり叩きつけ首の骨を折らせて次々と殺していた事です。
その時の絵も見ました。
これを見たら言葉を失います↓

写真


その実際使われていた木がこれです↓

写真


その大量虐殺がされた場所が「キリングフィールド」といい、これはカンボジアで何ヵ所もあります。

写真


↑自分が行ったキリングフィールドの慰霊塔にはこのように発掘された一部の頭蓋骨が天井までありました。

まだ発掘されていない骨はまだありすぎて、もう見つける作業はほとんどしてないみたいです。

なので、雨で土が流された所からあちこち骨が今でも出て来ます。

その話はガイドブックで読んでましたが、この行ったキリングフィールドで自分が立ってた土の所 で(普通に誰もが通ってる道で) 「骨です」と言われ見たら木の枝が土から出てるように本当に人骨が出てました。すぐ横には人の歯もありました。

衝撃でした。まさか本当に自分が立っている所の下に38年前のたくさんの殺された人がまだ埋まってるという事に歩けなくなりました。

「トゥールスレン」とは政治犯収容所とされてますが、結局はポル・ポト派に対しての反革命分子を拷問して殺した場所です。
写真


この期間内で2万人ほど収容され生還出来たのは8名のみ。

この生還した人のうちの1人がこのトゥールスレンで働いていまして会いました。

このトゥールスレンでは床には今でも消えない大量の血の後がハッキリとあります。

写真


この大虐殺を経験した人達は今でも当時の恐怖と悲しみは忘れることは無いでしょう。まだ38年前の話です。

それでも頑張って生きているカンボジアの人達を見るととても胸が熱くなりました。カンボジアの人達はとても優しくてみんな笑顔を返してくれます。でもその目の奥にはみんな大きな悲しみがあると思うとすぐ目頭が熱くなりました。


今のカンボジアはこの歴史によって学のある人達もこぞって殺されました。
なので隣のタイ国と比べても何十年もカンボジアは遅れをとっています。
更に実権を握ってたポル・ポト派の方々が今でも政治の上の方にも居るのには驚きです。
それによってかこの残虐行為は全く裁かれてない要因にもなっています。

片方の見方から物事を判断するのは危険で好きでは無いですが、たくさんの方が殺されたという事実は忘れてはいけなく、あってはならない事だと思います。


カンボジアにもし行かれる事があれば、アンコールワットだけでなく、是非「キリングフィールド」や「トゥールスレン」にも行ってください。

とても辛い気持ちになりますが、それ以上に行って良かったと思うハズです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

2018年明けましておめでとうございます!去年観た映画は126本

明けましておめでとうございます!

去年は大変多くの方にお世話になりました!!

そしてこのblogもチョコチョコと見て下さる方のおかげでここまで続ける事が出来ました!

そろそろその恩をお返ししたく、皆様が飛んで喜ぶニュースをお届けしたいなと思ってます!(全く予定は無いですが…)

今年は30代最後の年ですし、いつも目標などを明確にしたりしませんでしたが、今年はそこをハッキリし、チョッと今まででとは違った事にも挑戦していこうと思ってます。

どういうことかと言いますと、今まででは誰かが発信したものに縁の下の力持ち的な感じでしたが(基本役者のポジションってそうなんですが)自分からも発信していこうかなと!分かりやすく言うと「佐藤企画」的な事です(笑)
皆様楽しみにしていて下さいね!(まだ明確に発表しないのかーい 笑)

さて、2018年!謹賀新年です!!
今年も年始は札幌に戻ってきています。
実家でネコを飼い初めたので会うのが楽しみで楽しみで行ったら、物凄く警戒され近付く事も出来ません(泣)

写真

追っかけたら更に嫌われるのわかっていても可愛くて「うひょー♪」って追っ掛けてしまう…。
なんとか東京に戻る前には一緒に寝れる所までいきたい!!!

さて、いつもは年末に更新してる恒例の「一年で見た映画」を少し遅れてここで載せたいと思いますー。

まだあえて観てない「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」はこれから姪っ子達を連れて観に行きます(毎年恒例になってきている)。

【2017年観た映画~125本~】
(※★の付いてるのは複数回見てる映画です)

1・ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
2018年明けましておめでとうございます!去年観た映画は126本

2・パンドラの匣
3・わが心の銀河鉄道/宮沢賢治物語★
4・シング・ストリート/未来へのうた
5・団地
2018年明けましておめでとうございます!去年観た映画は126本

6・グレムリン★
7・沈黙/サイレンス
8・インフェルノ
9・KARATE KILL/カラテ・キル
10・ニンジャ・アベンジャーズ
11・キングコング/髑髏島の巨神
12・ハドソン川の奇跡
写真

13・シン・ゴジラ★
14・ ローグ・ワン/スターウォーズストーリー★
15・グッドモーニングショー
16・健さん
17・ラ・ラ・ランド
18・トランボ/ハリウッドに最も嫌われた男
19・ジャニス/リトル・ガール・ブルー
20・父子草
21・キング・コング★
22・神様の思し召し
23・家族の灯り
24・男はつらいよ/拝啓車寅次郎様★
25・ノーバディーズ フール
26・シュガーマン/奇跡に愛された男
27・フライド・グリーン・トマト★
28・結婚しようよ
2018年明けましておめでとうございます!去年観た映画は126本

29・忠臣蔵外伝 四谷怪談
30・永い言い訳
31・アクト・オブ・キリング
32・トレインスポッティング2
33・男はつらいよ/純情篇★
34・ローン サバイバー
35・LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-
2018年明けましておめでとうございます!去年観た映画は126本

36・ストロボ ライト
37・マイケル・ジャクソン THIS IS IT
38・もののけ姫★
39・男はつらいよ/寅次郎頑張れ!★
40・フローズン・リバー
41・幸福の黄色いハンカチ★
42・男はつらいよ/寅次郎春の夢★
43・狼と豚と人間
44・若頭暗殺史/修羅の男たち
45・白兵奇襲隊コンバットキャッツ
46・土竜の唄/香港狂騒曲
47・ダーティ・グランパ
48・マグニフィセント・セブン
49・マリアンヌ
2018年明けましておめでとうございます!去年観た映画は126本

50・転校生(1982年版)★
51・トレインスポッティング
52・イップ・マン 序章
53・ジョーカー・ゲーム★
54・華麗なるリベンジ
55・幸せなひとりぼっち
56・ブレードランナー最終版ディレクターズカット★
57・しわ
58・釣りバカ日誌
59・ピーターブルックの世界一受けたいお稽古
60・ボビーフィッシャーを探して
61・テープ
62・きみに読む物語
63・パッセンジャー
写真

64・王様のためのホログラム
65・Mr.&Mrs.スパイ
66・シチズンフォー/スノーデンの暴露
67・ソング・オブ・ザ・シー/海のうた
68・ヤング・アダルト・ニューヨーク
69・AMY エイミー
70・ナイスガイズ!
71・二ツ星の料理人
72・八日目の蝉★
73・大人の見る絵本/生まれてはみたけれど
74・40歳の童貞男 無修正完全版
75・Dr.パルナサスの鏡
76・栄光のランナー/1936ベルリン
77・エレクトリック・ドリーム
78・哭声/コクソン
写真

79・ルパン三世/カリオストロの城★
80・ムーンライト
81・ラビングー/愛という名前のふたり
82・トンネル/闇に鎖された男
83・チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~
84・切腹
85・用心棒★
86・ダンケルク
87・哀しき獣
88・サイダーハウスルール
89・奇跡の教室/受け継ぐ者たちへ
90・わたしは、ダニエル・ブレイク
写真

91・雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
92・天空の城ラピュタ★
93・殺人の追憶★
94・ジーサンズ/はじめての強盗
95・ハクソー・リッジ
96・静かなる復讐
97・はじまりへの旅
98・メッセージ
99・インディジョーンズ/最後の聖戦★
100・ブレードランナー2049
101・たたら侍
102・人生タクシー
103・おじいちゃんはデブゴン
104・おとなの事情
写真

105・天国に行けないパパ
106・兵隊やくざ 殴り込み
107・シャイン★
108・男はつらいよ/柴又より愛をこめて★
109・恐喝こそ我が人生
110・ウィロー/特別編★
111・カフェ ソサエティ
112・フリー ファイヤー
113・こころに剣士を
114・クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的
115・あの日、兄貴が灯した光
116・ブルックリン★
117・バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生
118・麦の穂をゆらす風
119・トランスフォーマー/最後の騎士王
120・太陽の王子ホルスの大冒険
121・LOGAN/ローガン
122・ワンダーウーマン
123・ビジランテ★
写真

124・マンチェスター・バイ・ザ・シー
写真

125・キリング・フィールド〔ニューマスター版〕★
126・熱海殺人事件

以上126本になります。
去年は作・演出の「サナトリウムの春」もあり、東京倶楽部の舞台もあったりとなかなか映画見る時間無かったですが、それでも3日に1本見るペースと考えるとなかなか観てますね…。
観たはずなのに、もう記憶にもない映画とかもあります(笑)

さて、今年も健康第一!!
皆様にとっても実りのある一年になりますように!!
2018年も宜しくお願い致します!m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ