2010年2月26日 (金)

フィギュア女子フリー


前回の柴又日記超大作で、もうしばらくブログ書かなくてもいいんじゃないかと思ってしまっていた佐藤良洋です。


女子フィギュアスケート。

グッとくるものがありましたね!

自分的に始まる前、ここは〜?

もしかして〜?

実は〜?

安藤美姫が金取るんじゃないか〜?と予想してまして。


しかしキムヨナ凄かった。


自分から見るフィギュアスケートとはタイムで競うとか順位で競うとか得点で競うなどハッキリとわかるスポーツとは違い、4年間頑張ってきた成果をその時の一回評価で審査員の判定(?!)で決める、なんて…なんて恐ろしいスポーツなんだと思っております(笑)。


国の期待も背負って…。


だからフィギュアスケートとかは見てて難しいです。

こっちの選手の方が良かったように見えたけど、何であっちの選手の方が良い点数出してるんだ?

とかしょっちゅうです。


点数の基準となる回転で大きな失敗をしなければいいなとかはドキドキして見ますけど、どれも何回転してるか解らないので基本的に気持ちよく滑って、いい表現してるなとか、曲と芝居のタイミングが合ってるかとかを見ています(解らないなりに)。

だから回転ジャンプ前の助走の所は確実に芝居が切れてるので…チョッと気になります…。

あそこも表現入れたら得点UPとかにならないのかな?関係ないの?
良くわからん。


そんなフィギュアスケートを見て思った事。

やはりどんなスポーツでも役者でも、結果を残す良いプレイヤーは本番で「どこかで自信を持つ」と言う事が大事な要素の一つなんだなと。

あくまでも大事な要素の一つですよ?

10日後には考えが変わって「そんなのは邪魔なだけだ」とか言ってるかもしれませんが(笑)


役者で言うと「いつもは噛まない所で噛んだ」ってのを今回浅田真央ちゃんがやってしまいましたね…。

最初のJUMP(トリプルアクセル?)や後半の芝居は凄く良かったと思ったんですが…途中噛んでしまいましたね…。


1ヶ月稽古をして一回だけの一発本番のTV放送舞台はしたことありますが、それが四年間稽古して世界中で見られてて、そんな時に信じられないミス。で、金か銀と決まるって…ん〜…恐ろしい…。


安藤美姫選手かなり良かったと思ったんだけど(銅メダルのカナダ選手より良かったと思った)、結果5位。


でも今回はこの金〜銅までこの選手達がベストじゃないかと。


キムヨナ選手は金以外だったら国からどんな扱いにされるか解らないぐらいだったし(苦笑)、銅メダルの地元カナダの選手はお母さんを直前に亡くしたと言う事ですし。


まぁメダルを取りたい気持ちはみんな同じですが。


浅田真央選手この悔しい気持ちからどれくらい成長するのか楽しみですね。

浅田真央選手のお姉ちゃん(舞選手)も妹に負けないよう次は姉妹揃ってオリンピックに出て欲しい。


今日は以前、撮影に演出助で行った映画の試写会に柴崎にある東映ラボ・テックに行ってきました。

アフレコとかも行ってるので大抵見てる映像でしたが、改めて見てて色々と現場の時を思い出したりとかして楽しかったです!作品も面白かった!

芝居の勉強にもなりました。

フィギュア女子フリー

写真は全く今までの話とは関係無いですが、東京の真ん中で二匹のカエルが道路でウロチョロしてたのを危ないから安全な所に移動してる所です。

一匹は凄く冷たくなっていて弱っていて可哀想でした。

しかし何でこんな所にこんな大きなカエルが居るんだろう。

実は東京の都心であちこちでたまに見るんだよな。


決まって道路の真ん中にいる。

不思議だ。


あ。気付いたら今日で30歳最後の日だ(笑)。

31歳と言う事で、俺も歳がトリプルなだけにアクセル全快で行くぞ!と話を強引にフィギアスケートにかけて終わらせてみる(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)