舞台無事に終わりました!

会場に来て頂いた皆様、来れなくても応援して下さった皆様、本当に有難うございました!

今回ピーターと言う宇宙解体業者が探偵役を引き受けて、事件を解決していくと言う役を演じました。

ピーターは昔宇宙で爆破事件に巻き込まれ、怪我をして筋肉も弱ってしまっているにもかかわらず、車椅子になってもまだ宇宙にしがみつき、解体の仕事を続けている宇宙とミステリーが大好きな人間です。

解体業者なのにスーツで蝶ネクタイ。白い帽子に花を刺し、でもヒゲが伸び放題で浮浪者みたくなっていて、手はロボットみたいに電飾が付いて、車椅子は赤いフワフワな生地で覆われてムックみたいになっていて、声はドラゴンボールのフリーザーみたいで、恐ろしくマイペースで食にうるさい。手品も使います(笑)。

こんなてんこ盛りな役です(笑)

あまりにもてんこ盛りで、最初劇場に入ってからもまだピーターと言う役を整理しきれて無かった所があったんですが、今ではピーターをもう演じれない寂しさがあります(笑)

…て言うか自分が演じた役を振り返って言うのは恥ずかしいので突然ですが、ここでやめます(笑)

実は最初、自分はピーターに付いているジョージと言う役で当て書きされていました。

実は野良犬弾では毎回自分だけ途中で役が変わります(笑)

「日本ノ難民、西へ」では山形役→多摩役

「ホームルームで、と彼は言った」ではトイレ役→学級委員長倫太郎役

そして今回はジョージ役→ピーター役へ

封じられた佐藤ヨシヒロの動きを見事にジョージを演じた深井君と士郎君はやってのけました!

実は社長だったアキコ役を演じた増子ちゃんも頑張りました!

初日に自分の袖にスズメバチが止まっていたのにもかかわらず見た目的に動じなかった自分も頑張った!(笑)

でも最後、「赤のボタンを押せ!」と言うセリフを「青のボタンを押せ!」と間違えてはいけない所で間違えたのは…今では笑える思い出です!(笑)

その後「いや、やっぱりここは赤を押せ」と修正しました(笑)

今回の舞台とても楽しかったです!

今回参加した皆様には本当にお世話になり勉強させて頂き、20代最後の舞台にふさわしい舞台になったと確信しています!

次は一皮むけた30歳になった佐藤良洋でお会いしましょう!