昨日は稽古最終日。


写真は2日前の稽古後の電車の中での一枚。



今回は今までの野良犬弾の稽古日数の中でも一番短く、まだ稽古が後一週間ある感じが…じゃなく後一週間あれば…と思う事もしばしば(笑)。


今日は小屋入り。



今、朝の6時前。



何故か目が覚めてしまった。



テレビを付けたらバンクーバーオリンピックまで後5日!?


そうかぁ。知らなかった。



で、更に見てたら亀田大毅が世界チャンピオン!?



試合があるのも知らなかった…。



見たかったなぁ〜!


でも大毅良かったなぁ〜!


亀田兄弟凄いね!


さて、昨日は高原さん設計の指示で蕎麦打ち台をみんなで作りました!


蕎麦打ち台の上は蕎麦を習った親方から借りてきている物です。


その他にも包丁や麺棒など色々とお借りして大変お世話になっています。



今日は小屋入りですが、今回は野良犬弾初の舞台美術さんも舞台監督さんもいません。いつも通り制作さんもいません。

全て手作りです!


…。


それで何故かいつの間にか全て自分指示でやることに。



確かに舞台監督や制作はほんの少し経験ありますが…


舞台美術も過去の東京倶楽部の舞台では全て手作りだったので、いつの間にか皆さんより少し叩きを出来るようになりましたが…。



む、むちゃくちゃだ…。苦笑



でも…実際俺がやった方が上手く進むなら…それで今回の舞台が少しでも良い出来になるならやるしかない。




なのでこの約1ヶ月無い稽古期間で(今までの野良犬弾で一番稽古日数が少ない)小屋と色々と打ち合わせしたり、美術を作ったり用意したりと影でしてきました。



でも今回は制作で一番大変な稽古場を抑えるのをコジや今回出ない三浦ちゃんがやってくれたり、当日パンフレットを増子ちゃんが作ってくれたり、蕎麦打ち親方はタツさんが知人から紹介してもらったり、舞台美術では演出の入江さんのイメージに近付けるため、崔さんや今回初参加の宇岬さんにもかなり助けて頂きました。



今回は野良犬弾初のみんなの手作り舞台です!(実は普通な事だったりする)



役者はこんな事しなくても良い職業ですが、人手が無い現場で「役者なのに何でこんな事しなくちゃいけないんだ」「しなくてもいいのが当たり前だ」「誰かがするだろう」と思うような役者にはなりたくない!


もちろん現場でそれをやる仕事の人間が居るのにやらされたり、出来もしない奴に言われたりするのは腹がたちますし、やりませんが(笑)

会社の社長は何でもやってきて出来るから社長なんだと思う。


役者に社長はいないけど、似てると思う(現場では監督や演出が社長みたくなるのかもしれませんが)。


舞台や映画を作るのには規模によって色々とやる事が変わってくる。


それは会社でもそうだと思う。



自分に与えられた仕事はチャンとやり+アルファで何か出来ないと上には行けないと思う。



その+アルファが現場に明るさをもらたすだけでもいいと思う。



今回の舞台では制作・舞台美術・舞台監督が自分の+アルファ。


これを+アルファにしていいのかわかりませんが(苦笑)



人手が足りない現場なので仕方ありません。



とりあえず今日から小屋入りです!


何故か全然寝れてないですが頑張るぞ!笑



写真は今回の舞台で出てくる30才過ぎたパンクバンド「長曽我部」メンバー