①の時にコメントで映画を色々と紹介して頂いて大変嬉しかったです!


しかし…実は…

まだ処事情で見れてないんです…


が、見たらブログでお知らせしますので!


さぁ!そしてまだまだいつでも良い映画募集ですよ☆


さぁ!この企画せめて⑩まで続けたい!笑


ゆっくりと進めて行ければと思いますが…最初っからゆっくりしていたら…きっと自分も皆様もすぐこの企画を忘れてしまうので最初はコンスタントに(笑)


さて、映画評論第2弾は


「転校生」


評価は…


星4.5です!(最高星5つ)


お〜…大丈夫かぁ?笑


いや、是非今日みたいな天気のいい日に見てもらいたい一本です!!


監督は大林宣彦さんで、この作品を見て是非とも!大林監督の映画に出てみたいと思った一本です。


出演は若き時代の尾美としのりさんと小林聡美さん(1982年公開映画)。


信じられないくらいいい芝居をしています!


芝居にためらいが無い。


そこに若いパワーが溢れてます!


中盤少し長いなと感じてくる所もありますが、ラストで「ぐあっ!」と持っていきます。


この映画、今の若い世代は知らないと思い載せましたが(きっと自分もその世代に入る)、大林監督の尾道3部作の一つとして日本映画では有名だと思います。


そして


ラストシーンのカメラワーク・曲の入れるタイミング・ラストの台詞は自分の中で日本の映画史に残る名シーンだと勝手に思っています!


あ〜!色々と細かい所まで熱く語りたいんですが…ネタバレになるのでやめておきます(悔泣)。


この作品、3回見ました。


ラストシーンでは合計20回位巻き戻し見ました。


とにかく大林監督やスタッフ側のこの作品に対する「愛」がとても感じられる作品です。


パッケージだけを見たらあまり見る気が起きないかもしれませんが(笑)騙されたと思って見て下さい。


逆に期待しないでくれてた方がちょうどいいんです(笑)