やっと春らしい陽気になってきましたねー!


天気が良かったから今日は昼に公園で、ご飯を食べてしまいました(セブンイレブンの弁当ですが 笑)


ここ最近は知り合いの舞台を観に行ったり。


舞台を観に行くと、すぐ芝居をしたくなる。


でもいざやると色々と大変で大抵この気持ちはすぐに消し飛びますが(笑)


昨日はずっとお世話になっている古川靖博さん主宰ROGOの舞台を観に行きました。


同じくずっとお世話になっている鈴木シンさんもお客で来ていて久しぶりに飲みで会話に花が咲きました!


古川さんとシンさんとは一緒に青森で1ヶ月ほど一緒に生活をして弘前劇場と言う青森を拠点にする劇団の「F+2」と言う作品をしました。


それからは古川さんとはROGOの「ワニ女」でシンさんとはNHKの芸術劇場で「冬の入口」を一緒にやらせて頂きました。


もう二人とも昔から変わらずで古川さんは食べたものを口の回りに付けたままだし、シンさんも変わらずお酒飲みまくってるし(笑)


そして変わらず芝居に対してとても熱いです。


一緒に飲んでて本当に楽しい。


話を聞いてて勉強になりますし、とても刺激を貰います。そして凄いのが後輩の自分の話もちゃんと向き合って聞いてくれますし、なによりとても可愛がってくださるのがとても嬉しい(笑)。


なかなかこんな熱く芝居の話が出来る人があまりいないのでそれも一緒に飲んでて楽しい理由です。


そんな今やってるROGOの舞台は今日までですが、出演してた役者の芝居レベルがアップしててとても嬉しかったです。


さすが古川さん(笑)。


「フローズン・ビーチ」

演出は古川さんで、作はケラリーノ・サンドロウ゛ィッチさんです。


多分何気に初めてケラさんの作品を見ました。


で、話は変わってやっと今回のタイトル「堂島ロール」に話を移します(笑)。


「堂島ロール」


この前初めて食べました!


ロールケーキブームに火を付けたと言われる「堂島ロール」


全く期待してなかったんですがメチャクチャ旨かったです(笑)


銀座三越では毎日昼過ぎには完売。長〜い行列を作っているみたいです。


しかし!


佐藤良洋は知っている…。


「堂島ロール」を並ばなくても買えて、しかも夕方に行ってもまだ置いていている事がある穴場の場所を…。


それは…


渋谷の東急(ドンキホーテの前)の地下で買えます!


何故それを佐藤良洋が知っているか…!?


渋谷の東急…。


そこは綺麗なトイレがある場所…。


佐藤良洋はたまにそこのトイレを使わせてもらっている…。


トイレが家まで我慢出来ないとき…。


だってそこは綺麗なトイレだから。


おっと、話がズレて書かなくてもいい情報まで書いてしまった…。


「堂島ロール」美味しいので食べてみてはどうでしょうか?


一本1200円です。