〜ここからは稲川淳二口調でお読み下さい〜


皆さん、お久しぶりです。稲川淳二です。


今年の夏も暑かったですね


今日はある撮影現場での話をしましょう


怖い写真など出てきますので苦手な人は読まないで下さい


1ヶ月ほど前でしょうかねぇ、


あるホラー映画の撮影があったんですよ


ですから撮影場所もな〜んか、嫌〜な雰囲気の廃墟だったりしたんですよね


何かやだな〜やだな〜と思ってたのは私だけでは無かったようで、


撮影前にはお祓いもしましてね、


撮影が始まったんですね


初日はいかにも的な山の中でね…


入った途端、ゾクゾクっといや〜な、


寒気がするんですよ


やだな〜やだな〜って思ったら…


近くに川があったんです。


あ。ここら辺が寒いのはこの川のせいだな。


とそう思って安心してたら急にクラクラ〜っとめまいがしましてね、


怖いな〜怖いな〜って思ってたら


暑い日射しでの立ち眩みだったんです。


あ、やっぱり仕事柄気にしすぎかな〜疲れてるのかな〜、なんて思ってたんですよ


そしたら


最近更に頭のてっぺんが薄くなってきた


俳優の佐藤良洋君の姿が見えなくなったんです


あれ?


どこに行ったのかな〜


おかしいな〜おかしいな〜


髪の毛と一緒に存在感も薄くなってきたのかな〜


なんて思ってたんですよ


そしたらいきなり悲鳴みたいな声が聞こえましてね


ビクッ!として振り向いたんですよ


そしたら


変わり果てた佐藤良洋君がそこに立っていましてね、


もう面影も無いんですよ


顔が包帯でグルグル巻きになってて顔が真っ赤でしてね


「…佐藤、良洋君ですか?」


と、聞いたと思います


何も言わない佐藤君にたいし私、


気付いたら怖くなって逃げていました


そしたら


追いかけてくるんですよ!


もう恐ろしくて


がむしゃらに逃げましたよ


ハァハァハァ…


もう


どの位逃げたか…


ハァハァハァ…


外はもう明るくなってましてね


もう歩く事も出来ないくらいヘトヘトなんです


ふと


気配を感じて横を見たら…


同じくヘロヘロになって朝を迎え、台本を持ったまま影でコッソリ休憩している佐藤良洋君の姿があったんです(写真は特殊メイクさんが隠し撮りしたもの)


怖いですね〜


お化けや呪われた怪物も今年の暑さには参ってるんですね〜


暑くなりすぎてお化けが出てきてくれなかったら私


仕事が減って…


困っちゃうな〜困っちゃうな〜


そんな仕事が減りそうで恐ろしい今年の夏の猛暑の話…


稲川淳二でした


※撮影の写真は8月3日〜5日でやっていた時のものです。写真紹介で稲川淳二シリーズを使ってみました。


ちなみに今日の昼間はこの映像のアフレコに行ってきました。


佐藤良洋でした。