今回はバッチリお手伝い(笑)


役者の「や」の字もしてませーん(笑)


撮影場所を探して取ったり、小道具や消えものを用意したり。


写真はそんな撮影が終わって、みんなで消えものの寿司などを食べている所。


右上に入江さん。


そう、あれは1週間前


「都内で14畳以上ある畳の部屋が1日使える所があるといいんだよね」


と、今では心地好い入江節(笑)


予算も都内でスタジオを借りると、2時間しないうちに無くなってしまう値段。


きたね〜、この無茶振り!笑


まぁ無茶振りは東京倶楽部で鍛えられてます。


そこで


東京が実家で、14畳以上ある畳の部屋が家にある人を探すべく…


…ってそんな奴いねー(笑)


でも色々と電話しまくりました。


相談に乗ってくれた皆様ありがとうございましたー


結局都内から少し離れましたが、予算の半分以下で1日借りられる約30畳の畳の部屋を見つけ、更にラッキーな事に1日借りる事が出来ました!


撮影は楽しく、あっという間に終わりました。


写真二枚目は近所の寿司屋から借りたおぼんを返しに行く佐藤良洋(笑)


はい。店の親父に撮ってもらってます(笑)