蕎麦打ち職人を目指す三十路佐藤。




1月23日





朝8時起床





蕎麦打ち職人を目指し佐藤、黙々と蕎麦を打つ(写真一枚目)。




暫くして親方ともめる(写真二枚目)。




親方「あ〜ダメだダメだ!そんな遅い包丁捌きじゃ死んだマイケルジャクソンも甦えっちまうぞ!やめちまえ!」





佐藤「ちきしょう!よりによって豚みたいにブクブク太りやがってと言いやがったな!辞めてやる!」





と、喧嘩してもまた戻ってきて泣きながら一人蕎麦を打つ佐藤。



親方「うむ。今まで良く頑張ったな(2日間)。もう教える事は…山ほどあるが、今日で卒業だ!」



佐藤「親方…有難うございました!」




と言う事で、2日とも同じ服を着ていてジョージルーカスがかぶってそうな帽子がお気に入りの親方の教えを胸にタツさんと一緒に卒業(写真四枚目)



親方!お世話になりました!有難うございました!



その日の夜は今回野良犬弾に音楽を提供してくれるCubesのライブを観に野良犬弾のみんなで観に行きました。




バンドメンバーが十人以上いて、まるで21世紀の米米クラブです!



写真はそんなライブ中に今回の舞台「パンクな奴らは蕎麦を打つ」のチラシを持ってCMしてくれてる所です。




で、25日の今日はまた違う池袋にある蕎麦打ち教室に朝から行ってきました。



タツさんと自分、そしてようやく高原さんと斉木さんも蕎麦打ち教室に参戦(写真撮り忘れた)。



その打って来た蕎麦を今日の稽古途中で食べました!




う〜ん。うまい!笑